増資の意味

人気ある純金取引、ネット証券で扱っている所もあります。

 
「金は、これからどんどん上がる」と以前から言われていた通り一時的に値が上がり続けたことがあります。
連日のようにメディアに取り上げられ、そこから純金投資をした人も沢山いらっしゃるのです。

 
ですが、ある日を境に純金は下がりだし、なかなか上がることがなくなってしまったのです。
多くの方が、損切りをしない限り塩漬け状態になりますが、純金投資は長期保有で見る方が良い商品で、下がっても買い増しをしていけばよいのです。
ここで、「増資の意味はあるのか」と疑問になるかも知れませんが、下がってしまった以上あがるのを待つのに時間がかかってしまいます。

 

}PgžxQ
ですが、「平均取得金額」と「自分が売ろうとしている金額」というのがあり、その差額が400円もあったのなら差額分を少しでも減らしておいた方が、純金が一気に上がりだした時に利益になる金額も大きくなるのです。
純金を購入する際には「売買スプレッド」が発生します。
これは、買った時の金額よりも売るときは更に低くなるということです。
なので、少しずつでも値段が下がっている時に買い増しをして、平均取得金額と売値の金額に近づけておくのです。

Comments are closed.