増資をすること目的と意義について

増資の目的はいくつかありますが、その一つが資金調達です。新たな事業に参入したり、あるいは有利子負債を返済したりするときには資金が必要となりますが、これを借り入れするのではなくて株式の発行によって調達することが行われます。新たな事業に参入するのなら良いのですが、経営が悪化して資金繰りが悪化したときに発行するのはあまり良いものではありません。
もう一つは資本の異動があります。例えば、どこかの会社の子会社になるときには、新たに株式を発行して、その株式を親会社になる会社に引き受けてもらいます。このようにして資本を移すときにも用いられます。
このように、資金調達と資本の移動という二つの意義があります。どちらの場合にも発行済み株式数は増えますから、もしも利益が拡大しなければ1株あたりの収益や純資産は減少する事になります。ですから、売られて株価が下落する場合が多いです。基本的には下落すると考えておきましょう。これを希薄化と呼びます。希薄化によって一時的に株価が下落することは多いですから、ニュースが流れたときには素早く対応することは必要となってきます。その後に株価が上昇するのかどうかは、業績が良くなるかどうかで変わってきます。

 

Comments are closed.