株式公開価格の決定方法とは

株式公開価格の決定方法は2種類あります。それは、一般競争入札方式とブックビルディング方式です。一般競争入札方式では、業種や財務内容などが似ている他社の株価等を参考にしながら、下限価格だけを決めてから入札を行ないます。そして、この入札結果に基づき公募価格が決められます。入札では高い価格をつけた者から落札できますから、公募価格は高騰しやすくなります。反対に上場後は価格が急落するという現象が起きやすいため、株式の流通に支障があると問題視されていました。そのため、現在はブックビルディング方式が主流となっています。

 

ソファー
ブックビルディング方式では、主幹事となる証券会社が、業種や財務内容が似ている他社の株価等を参考にしながら、公開会社の成長性や業績予想を勘案して参考価格を決めます。その後、機関投資家へのヒアリングを行い、主幹事証券会社と公開会社で協議し、発行価格の上限と下限を設定します。これを仮条件といいます。この仮条件を機関投資家や個人投資家に提示して、需要の申告をしてもらいます。その結果を価格帯ごとに集計して、株式市場の状況なども考慮しつつ、主幹事証券会社と公開会社が協議を行なった上で公開価格が決定されます。

Comments are closed.