株式の公開と価格決定方法

株式を始めて公開する企業の株価の価格決定方法として、ブックビルディング方式が取られることが多くなっています。

 

ブックビルディング方式では、まずIPOの引受証券会社によって公開価格の仮条件価格の上限と下限が設定されることになります。

その仮条件価格内において、多くの投資家が希望する価格および株数を申し込む流れとなってきます。

その後、引受証券会社では需給バランスをみて、価格を決定することになります。

ブックビルディングにおいては、人気の企業になると仮条件価格の上限あたりで決まることが多いです。

 

また、投資家に人気の企業になると、事前にIPOの申し込みをしても抽選となることがあります。

 

IPOの抽選で当選した場合には、上場後の株価は上昇することが少なくないです。

しかし、投資家の中ではIPO銘柄の上場直後の値上がり益だけを狙っている人がいるため、上場の数日後に株価が急落するケースも出てきます。

 

また、ブックビルディング時に投資家に人気のなかった企業は、仮条件価格が下限あたりで決まっているために上場後に割安感から徐々に買われていくこともあります。

 

ソファーとテーブルしたがって、ブックディルディングで決まった価格というのは、企業本来の価値を現しているとは言えない面があるので注意したいです。。

Comments are closed.