株式会社の時価発行増資方法について

株式会社の時価発行増資とは新株発行にあたって、時価市場価格に近い価格で発行することを言い、この増資をする際に株価決定から払り込みまでの間に起こりうる株価変動などを想定し、決定された日の時価を基準として適正なディスカウント率を投資家の需要状況を考慮する方法で決められています。
実際に株式公開初値から2、3日が株価が上昇する傾向があり、その後に高くなると利益確定が出ることが多いです。

}PgžxQ
これは、新規上場株式でもある程度同じことが言え、ただ新規公開株式(IPO)の場合増資に比べて初値寄り付きでの価格が乱高下することがあり、公開後に利益を狙った投資家の売りが先行し、その後大きく株価を下げることがあります。
ただ、公募増資などの場合、あくまでも増資であるが故に新規公開とは違う点として、それまでの決算が出ており、財務内容や資産状況などがはっきりとしており、新株の場合上場初日にしか、いくらで寄り付くか分からないという点があり、増資の場合は増資前の株価が参考になり、上場前の株式の公募価格を決める際に、投資家の需要状況に応じて公募価格を決定するブックビルディング方式で公募価格が決定され、投資家へのある程度の配慮があります。

Comments are closed.