額面発行と時価発行

事業が順調に伸びていくと、資金調達をして更に拡張したいと考えるものです。
その際、一般的に銀行からの借入をすることが多いのですが、大規模な法人や上場企業の場合は、増資をすることで資金調達をすることがあります。
経営者の親族に資金があったり、会社自体に魅力があったりすればこのようなことが可能なのです。

 

 

この際の株式募集の形態として、株式の額面で株式発行をする額面発行の方法と、株式の時価で発行する時価発行の2種類があります。
前者は、オーナー企業が代表者やその親族がお金を出し合って増資資金を会社に投入する方法です。
後者は、主に上場企業が、増資することで既存の自社の株主に不利益を与えないような増資の方法です。

 

 

いずれの方法であっても増資の効力がなくなるわけではありませんが、原則はその会社の資産状態から算定した時価で株式を発行する方法なのです。
しかし、オーナー企業の多くは、税制上の優遇措置が減殺されることを嫌がって、大きな金額の資本金とすることを回避する傾向があります。
そのため、特に問題がなければ株式の額面で増資をするのです。

 

 

このようにして増資にも2つの方法があるのですが、増資をするほど業績がいい会社ですから、時価発行をすると応募者が殺到し、抽選等で増資株式の引受人が決まることが多いのです。

Comments are closed.