ブックビルディング方式って何?

株式会社が新規上場すると市場によって自由に株式取引を行えるようになるため、公開される株価が重要となります。そのため新規上場会社は上場前に必ず株価を公開されなければならないのですが、その上場前の公開価格を決定する方式が必要となります。

ダイニング01

 

そして、ブックビルディング方式とは株式の公開価格を決定する方式の一つで、機関投資家の意見を元にして仮条件を決定し、投資家にその条件を提示した上で、マーケットの動向や投資家の需要等により公開価格を決定されるとする方式のことです。またの名を投資家の需要に応じて決定することから需要積み上げ方式とも呼ばれて、新規上場の申請会社が、この方式を選択することが可能です。

 

 

その他の方式には入札方式がありますが、この方式だと公募による入札で公開価格が便乗値上げされやすいという難点があり、円滑な取引が成立されにくいことから、需要積み上げの方式にシフトした経緯があります。ただ新規上場会社の取締役会で、どちらの方式を採用するかを選択することが可能であり、入札方式を選択することも現在でも可能です。

 

 

なお国際的にも需要積み上げの方式の方がメジャーになり、しかも投機的ではない適正な公開価格を設定できることもあり、多くのケースでその方式が採用されることも多いです。

 

Comments are closed.